ピカソとシャガール*愛と平和の賛歌*展

こんにちは。ペペタです。

 

気温の変化はありますが、日差しの強い日が続きます。日焼け対策は万全に。

…何の脈絡もない余談に入りますが、

我が家の犬は毛が白く長く、羊のような外見をしております。

f:id:ramu-pe8:20170526232717j:plain

 

家では毛を刈るか毛を残すかで家族会議が開かれますが、結局、結論がでないまま6月に入りそうです。

 

 

さて先日、箱根のポーラ美術館で開催されているピカソシャガールに行ってまいりました!

思ったより人混みも少なく、ゆったりと鑑賞することができました。

開催期間が長いからあまり殺到はしないのでしょうか…?

 

この展覧会では、<破壊と創造の画家>パブロ・ピカソと<物語と色彩の画家>マルク・シャガールの2人のライバル関係に光をあて、それぞれの方法で追究した絵画における対象の変形や色彩を比較する。

また、「愛」や「平和」という主題において、相通じる取り組みがみられます。

 -ピカソシャガール愛と平和の賛歌図録 ポーラ美術館”あいさつ”より引用-

 

展覧会の内容は全部で5章まであります。

第1章 故郷 -バルセロナとヴィテブスク-

第2章 旅立ち -全英芸術の都パリへ-

第3章 愛しきものたち -変容する絵画-

第4章 戦争 -悲劇への抵抗-

第5章 南仏のアトリエ -愛と平和の賛歌-

 

 

言葉の表現が乏しく詳細はお伝えできないので、章ごとで個人的にすごく好きな作品を紹介します。

※ペペタは絵に対して完全なる素人です。専門用語もわかりませんし、表現力もいまいちな部分があると思います。先に承知いただければ幸いです。

 

【✩】⇒ペペタお気に入り作品の紹介です。

 

 

順を追いまして…第1章 故郷 

第1章では、2人の生い立ちと故郷との関係を見ていくことができます。

 

【✩】

ピカソ「海辺の母子像」

全体的に青い色彩の中に目立つ、1輪の薔薇。

母親の優しい顔も、子供の寝顔もとても引き込まれる作品でした。

シャガール「私と村」

緑の顔の人、ヤギ、逆さになっている人・家…一つ一つに表情があり、とても楽しい作品だと感じました。

 

 第2章 旅立ち 

第2章では、多様なキュビスムが展開する動向を見ることができます。

 

【✩】

ピカソ…個人的にグッときた作品はありませんでした。

シャガール「誕生日」

後ろから男性がヒュっと伸びて、前にいる女性へキスをしている作品です。女性の驚いた顔がとてもかわいいです。また、壁に貼ってあるペイズリー柄の布も素敵です。

シャガール「教会の前の山羊」

天地がわけわかんなくなる作品ですが、山羊の顔が非常に愛らしいです。そしてその山羊からミルクを搾取しようとしている謎の男性。色合い・作品構成共に面白いです。

 

 第3章 愛しきものたち 

第3章では、二人の「愛」というテーマを”結婚”を通して深まる様を見ることができます。

 

【✩】

ピカソ「魚、瓶、コンポート皿(小さなキッチン)」

人の顔のようにも思えるもの(実際は何なのかわかりません)の前には4匹の魚がいます。絵の空間の歪み方がピカソらしく、個人的には可愛く見えてとても好きです。

シャガール「婚約者達」

背景は薄暗い青、中央には新郎新婦、そしてバックには赤と白の大きな花が数輪咲いています。花の間には二人を祝福する天使がバイオリンを弾いて降りてきています。

 

  第4章 戦争 

第4章では、戦争への抵抗、妻の病死、多くの悲劇の中で平和を願って描いた作品を見ることができます。

 

【✩】※第4章はこの展覧会で一番の見どころです。

ピカソゲルニカ」(展示終了)

 学生時代から教科書で見覚えのある作品ゲルニカ。今回の展示はタペストリーでの展示でしたが、大きく迫力がありました。教科書で見るよりもかなり引き込まれるものがありました。

ピカソ「ミノタウロマキア」(5/11~展示開始)

 こちらの作品は図録でしか見れていないんですが、大きな牛の頭をもった人?のようなものから逃げる馬・人、建物の中からをの様子を見る人といった光景から戦争に対する"恐怖"が描かれている。

シャガール「平和」

青を基調とした作品の中には、よく見ると人や動物、天使もいてシャガールの平和を願い訴える作品となっています。こちらも410×620cmの大きなタペストリーで展示されています。

 

 第5章 南仏のアトリエ 

 第5章では、第二次世界大戦の抑圧から解放される為、ピカソシャガールは南フランスにアトリエを構えます。そして、それぞれの新しい家族との間には子供が生まれ、生命の賛歌としての作品を見ることができます。

 

【✩】

ピカソ「帽子の女」

最後の伴侶ジャクリーヌ・ロックの肖像画ですが、作品の中にはピカソの描写もあるそうで、一見1人だけど実は2人いるという摩訶不思議な作品でした。

シャガール「サン=ポールの上の恋人たち」

 2人の男女の後ろにいる馬の顔が好きで、お気に入り作品に挙げました。とても優しい顔をしているんです!

 

 ***************************************

以上がピカソシャガール展の感想でした!

 

2人の作品が一気に鑑賞できる機会はそうそうありませんので、箱根でのんびり過ごされる際には、足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

 

www.polamuseum.or.jp

 

現在ポーラ美術館内にあるレストランでは、第1章で紹介したピカソの「海辺の母子像」にちなんだノンアルコールスパークリングを注文することができます。

f:id:ramu-pe8:20170526232712j:plain

 

きれいな水色ですね~

思ったよりも甘くなく、とても飲みやすかったです。

実際の作品はポーラ美術館のHPより確認できますので、上に貼ってあるリンクよりご確認下さいませ。

 

はい!

ということで、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

次回はバベルの塔 の感想です。

では後程…。